KIESS岩川貴志さんの研究発表会

KIESS(循環共生社会システム研究所・代表:内藤正明)の若手研究員である岩川貴志(たかし)さんによる研究発表会が、4月30日夕方、鈴鹿カルチャーステーション縁側ホールでありました。
テーマは「地域が主役の持続可能な社会づくり」。3年半にわたる研究を、駆け足で紹介してくれました。

←岩川貴志さん(KIESS研究員)

宮地昌幸さんのブログでも紹介しています。詳しくはそちらもご覧ください。→東近江市の将来像と若手研究者

今回の発表会の主旨は、「環境への影響を抑えながら、人々が豊かな暮らしを送れるような世の中を『持続可能な社会』と考え、特に地域社会を持続可能にするにはどうすればよいのか、 をテーマに研究を続けてきました。
その一環として、滋賀県東近江市で開催してきたワークショップを紹介しながら、地域の人々が考える持続可能な社会とはどのようなものなのか、そして豊かな暮らしとはどのようなものなのか、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。」と、福田博也さんの呼びかけで、関心ある人たちで集まりました。


持続可能な社会を滋賀県東近江市をモデルにして、そのビジョンとローロマップを構想し、
研究者側の立場から数値的な裏付けを示す研究です。


その研究の全容を一望すると、これだけの複雑なものになっているそうです。


上記の図を更に分かりやすくするために簡略化したもの。


それを更に突き詰めたもの。

東近江市の市民で円卓会議を開き、どんな街にしたいか、そのためには何が必要か等を話し合い、その膨大な意見をまとめ、その実現に向けての研究です。
最終的には一つのパンフレットが完成し、市内のテレビでも放送されました。


研究結果の一つとして、2030年の東近江市のビジョンを絵にすると、こんな様子になるそうです。


会場の様子

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 情熱のフ・ラ・メ・ン・コ!
    江上

links

profile

書いた記事数:54 最後に更新した日:2012/09/25

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM