あみもの教室 はじまりました

冬の暖かな陽だまりで、あるいは、暖炉の脇で椅子に腰掛け編み物をするおばあちゃん、
編み物といえば、そんな童話や絵本の光景が浮かびます。
そして、今回そのイメージにピッタリの教室がはじまりました。
「カフェで、ゆっくりお茶を飲みながら、編み物を楽しみませんか」
古西真弓さんの「あみもの教室」です。
11月29日(火)の午後、カルチャーステーションのカフェにテーブルを囲んで、
ご婦人たちが集まってきました。
 

材料を持参して、早速、編み始めるMさん。ご自分用にベストをまずは編んでみるそうです。
「今日は何を編もうか、考えにきました」と、雑誌をめくるMさん。
「以前からやってみたいと思っていたけど、ちゃんと習ったことがなかったので」と参加したとのこと。


講師の真弓さん(写真右)は、母親が手芸講師で、幼稚園の頃から母の姿をみて、編み物をしていたそうです。中学時代にはほぼ一人前になり、高校生になると、母の手伝いで講師の助っ人もしていたとか。技術は、母から直接習わず、専門学校で学んだといいます。
この道、?十年の大ベテラン。カルチャーステーションの手作りショップには、真弓さんの作品が並んでいます。

編み物しながら話もはずみ、とても楽しそう。ゆるやかに流れる時を感じました。
お気軽にご参加下さい。毎週火曜日午前9時半〜11時半と午後は1時〜3時で開いています。
詳しくはこちらからどうぞ→あみもの教室
懐かしく温かな空間です(いわた)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 情熱のフ・ラ・メ・ン・コ!
    江上

links

profile

書いた記事数:54 最後に更新した日:2012/09/25

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM