長坂優氏講演会 アマゾン発日本の皆さんへのメッセージ

 
9月19日(日)アマゾンで45年暮らす長坂優氏(写真)の講演会が開催されました。
過酷な条件の中で生き抜いてきた長坂氏の経験から、私たち日本人へ、
熱いメッセージが贈られました。
アマゾンの自然が教えてくれたこと、それは「本当に大事なものは、目に見えないもの」
ということ。
この空気もそうです。私たちの吸っている空気の3分の1は、アマゾンで作られた酸素
なんだと。3回に1回は、アマゾンの空気を吸ってるんですよ、と。
そして、太陽や電気などのエネルギーも目にはみえない大事なもの。
また、目に見えない「時間」が自分の命を救ってくれた、とも言います。
さらに、一人ひとりの中にとても大事なものを持っている。それは「心」です、と。



地球環境とこれからの人類を救うために3つのことを提言されました。
1つは、自然林を伐採しないこと。2つ目は、植林すること、
これは、一人5本の木を植えて下さいとのことです。
1.自分の吸う空気のため、2.家屋の木材のため、3.日常使う紙や木材製品のため、
4.子や孫のために、5.世界の恵まれない人たちのために。この5本を
合わせると「森林」という文字になりますよ。(昨晩考えました)
そして、3つめに、無理、無駄、無乱(当て字)をなくしましょう。
ということでした。

ブラジルに入植した日本人は、世界に誇れる実績をつくり、素晴しい民族である
ことを、時にユーモアを交え、会場を湧かせながら楽しく語られました。
しかし、単に環境を守ろうというお話ではく、生きるか死ぬかの生活から紡ぎ出された
一言一言は、氏の人生論であり、哲学でもあり、その言葉に胸が熱くなりました。(いわた)




今回の講演会開催にあたり、国会議員の中川正春氏(前、文部科学副大臣)も挨拶に
駆けつけました。市民からの地球環境への取り組みに、期待を寄せられました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 情熱のフ・ラ・メ・ン・コ!
    江上

links

profile

書いた記事数:54 最後に更新した日:2012/09/25

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM