オータムフェスティバルスターティングイベント

9月5日(日)
ギャラリートーク&リコーダー演奏が開催され、大盛況となりました。
リコーダー演奏
桜島小学校のリコーダークラブ代表9人によるアンサンブルは、とても魅力的で、
何種類ものリコーダーによる演奏を初めて聴いた自分にとっては、感激でした。
その音色と響きはもちろんのこと、自分が一番心を打たれたのは、子どもたちの
自然さ、純粋さが、同時に伝わってきたことです。
その音は、彼女たちの心の底から鳴り響いてくるようでした。
「体で表現しよう」という指導も受けているのかもしれませんが、曲に合わせて
リズミカルに揺れる身体の動きは、まるで、風に揺れる野の花のようでした。
あまりにも、自然体で、無理のない動作。大人では、こうはいきません。
どうしても意図的なものが働いてしまいます。
しなやかな動きは、風にゆれるコスモス、という感じもしました。

ところで、風に揺れているコスモスの枝は、どこが揺れているか分かりますか?
実は、部分部分を見ると、茎も葉も、その形は変えません。
部分は、形を変えずに揺れているのです。では、根元が揺れているのか?
さほど揺れているようには見えません。でも、全体は大きく揺らめいている。
(もちろん強風に煽られると、別の話ですよ)
この「揺れ」に自然さを感じます。

人の身体にも中心線があり、その線がきれいだと、とても美しく感じるもの
ですが、この子どもたちの姿は、その線がとても美しく揺れていました。
そこに、子どもならではの、純粋性と自然さを感じ、感激した次第です。
いつか、絵にしたいと思いました。(岩田隆)
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 情熱のフ・ラ・メ・ン・コ!
    江上

links

profile

書いた記事数:54 最後に更新した日:2012/09/25

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM